お金

airbnbを運用代行してもらおう|難しいことは専門家に任せる

運営を任せられます

民宿や宿泊施設で、収益改善したいなら、airbnbに、予約運用代行依頼することをお勧めします。airbnbは、世界中の多くの主言語をサポートしているので、外国からの宿泊予約をスピーディーかつ、正確にとることができ、収益が大幅に改善できます。

不動産投資としての民泊

集合住宅

民泊を代行してもらう

新しい不動産投資として注目されているのがairbnbを使った民泊ビジネスです。airbnbはソーシャル・ネットワーキング・サービスの一種で、部屋を貸したい人がホスト登録をし、部屋を借りたい人がゲスト登録をして、互いのニーズをマッチングさせるものです。主にゲストは旅行者が多く安価、またはプレミアム性のある部屋に泊まりたいといった場合に利用されます。airbnbは誰でも利用することができますから、部屋を貸したいと思う人がホスト登録をして貸し出すことも容易に行えます。位置的にはホテル・旅館と賃貸物件の中間に位置しており、既存の日本の賃貸物件の仕組みとしてはウィークリーマンションのようなものといえます。ただairbnbの場合には決済のairbnbが行ってくれるので手間なく部屋を貸し付けるといった可能なのが民泊の魅力といえます。しかし、民泊をする場合には貸し出す部屋をゲストが快適に使える環境に整える必要があるなど初期投資費用と維持費用の2点が必要です。このため運用代行を使うのが賢いやり方です。運用代行ではairbnbへの登録から民泊用に部屋をリフォームする手配など民泊を始めるためのサポートを行ってくれます。また運用代行にあるようにホスト登録をした際には、ゲストとの応対も必要になってきますが、それらも代行して行ってくれます。特にairbnbの利用者は海外旅行者がメインですので、外国語に対応したスタッフがいる運用代行であればそれだけ収益のチャンスも広がります。

副業として始められます

日本でも注目を集める様になったairbnbを始めるには、一括して日々の運用を委託する運用代行の利用がお勧めです。宿泊者と一切やり取りをする必要がありませんので、投資の一環として楽しむ事も出来るでしょう。

意外と費用と手間が掛かる

airbnbを使って空き家や空き部屋の有効活用をする人も増えていますが、現実としてairbnbを利用し続けるには相応の手間が必要になります。この手間は部屋の数が少なければ個人でも行うことができますが、運用代行に外注することもできます。