婦人

airbnbを運用代行してもらおう|難しいことは専門家に任せる

意外と費用と手間が掛かる

模型

代行会社を選ぶポイント

airbnbを使って空き家や空き部屋の有効活用をしようとした場合には、意外と費用と手間が掛かることに驚く人も多くいます。airbnbを利用すること自体は、宿泊できる部屋を用意してホスト登録をして、利用者であるゲストが来るのを待つだけで良いのですが、この際にairbnbに登録する前に宿泊できる部屋を用意しなければなりません。部屋を用意するためには、部屋を宿泊できるようにセットアップする必要がありますし、それに伴う家具家電の購入や搬入が必要です。これらを行った上でairbnbにホスト登録をすることになります。なお、場合によってはゲスト向けのハウスマニュアルやアクセスガイドも作成しなければいけません。さらにairbnbに登録するとゲストからの問い合わせがあり、それらに対応する必要もありますし、鍵の受け渡しや、利用後の居室内清掃なども必要です。またairbnbで重要なのがレビューの対応です。部屋の数は数室程度であれば、これらを個人がすべて行うことは可能なのですが、部屋が多い場合や、または仕事などで対応できなくなった際には運用が困難になります。このため運用代行会社を使うという選択肢があります。airbnb運用代行を選ぶポイントとしては、第一には手数料で、ついでサービスと料金、また対応地域です。いくら高品質な運用代行を依頼しても手数料が高すぎると収益を悪化させます。一般的にはairbnbの売上の2割程度が相場になります。一方で宿泊者向けのサービスとして清掃などがありますが、運用代行会社によって高額な場合があります。なお、手数料と清掃サービスをセットにして売上の4割程度としているところもあります。また運用代行を利用する際には遠方よりも近隣の会社の方が対応力に優れるメリットがあります。